2016年の日本競馬を占う

2016年の競馬は一体どのように展開していくのでしょうか。
大方の予想では2015年の皐月賞と日本ダービーを勝ったドゥラメンテ、そして有馬記念を制したゴールドアクターが中長距離路線で活躍する、と言われています。
マイル路線はモーリスが一歩抜けていて、国内だけではなくて海外のGIもまた勝ってくれるかもしれません。
スプリント路線は大混戦ですが、ダンスディレクターやビッグアーサーなども注目されています。
そしてダート路線は、4歳になったノンコノユメが引っ張っていってくれることでしょう。

もちろん上り馬も出てくるでしょうから、こういった勢力図はあっという間に変わってしまう可能性もあります。
強い馬がたくさん出てくる方が盛り上がりますので、各馬競い合ってほしいです。

上記した馬の他にも、一昨年のトーホウジャッカルも期待ができます。
その理由はいくつかあり、菊花賞で破ったゴールドアクターが有馬記念を勝ったのも理由の一つでしょう。
菊花賞後は満足な状態にありませんが、今年は阪神大賞典から始動する予定ですので、その底力に期待したいです。
また昨年GIを2勝したラブリーデイも中距離路線で活躍してくれるはずです。

2016年の競馬の盛り上がりはこれらの馬にかかっています。