森泰斗騎手が2000勝・木村健騎手が3500勝を達成

3月は地方競馬の森泰斗騎手が2000勝、そして木村健騎手が3500勝を達成しました。

競馬セブンが応援する森泰斗騎手は南関東競馬の船橋競馬に属していて、過去にはラブミーチャン、レッドクラウディアなどに騎乗していたジョッキーです。

30代中盤でベテランの域に達していて、地方競馬全国リーディングジョッキーに複数回輝いている全国的に見てもトップジョッキーです。
常に進化していて特に南関東競馬に関心を持っている人は耳にすることが多いです。
JRAで騎乗することも稀にあるので、もしかするとJRAの競馬しか見ないファンにも馴染みがあるかもしれません。
3月17日に地方通算2000勝を達成しています。

そして木村健騎手は過去に、イイデケンシンやアルドラゴン、オオエライジンなどに騎乗していましたし、JRAで騎乗することもあります。
2010年にはショウリュウムーンに騎乗してJRAのチューリップ賞を制覇するという快挙を成し遂げています。
3月7日に地方通産3500勝を達成し、歴史に名を刻みました。

地方競馬はJRA以上にレース数が多くて勝ち鞍を積み重ねやすい傾向にあるのですが、2000勝や3500勝というのは簡単にできるものではありません。